CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 2x−1 対読売 攻める鶴岡の存在価値 | main | 1−3 対広島 7(奈々)連勝は、できないチュッ! >>
8−2 対広島 藤浪に勝ちをつけて、価値ある6連勝!
 今日に試合の第一の命題は、藤浪に勝ちをつけること。
 早いうちに勝ちを付けてやらないと、へんな循環にはまってしまいかねない。
 藤浪が3本の柱となる為には、そろそろ勝ちをつけて乗せてやらないといかん。
 
 ここ2試合も、中継ぎの不安から藤浪を引っ張りすぎて、逆に負けを付けてしまう結果になった。
 内容的には、早く繫いでやれば勝ち投手になれた内容。
 この時期に無理に、無意味に100球を軽く越える投球数まで引っ張ったのが敗因だろう。
 今日は、判断の鈍い和田が、判断付きやすいよう、援護をしてやる事が肝要だ。

 第二の命題は、藤浪の、いや、ゴメスの1発。
 その貢献度は、十分なのだが、やはり1発を期待して獲った助っ人。
 本人も、あまりにHRがでないと、気にしてスランプにはまりかねない。
 そろそろ、1発欲しい時期。

 ゴメスのバッティングを見ると、重いバットでボールを叩きに行って、長打を狙う姿勢が見えるのだが、これって逆かもしれない。
 少し軽いバットで、軽く降っても遠心力がつく感じで、かってバースが言ってたように、ボールとバットを強くコンタクトさせるって感じで打てば、ボールは自然と上がり、スタンドまで届くと思うんだがなぁ。
 その意識があれば、率も上がるだろうし、ボールの見極めも可能だ。
 是非、軽めのバットで、ボールと強くコンタクトする意識を持ってやってもらいたい。

 まぁ、第一の命題は達成できたが、第2の命題は、藤浪に先を越されてしまった。
 まぁ、藤浪も1イニング長かった気がするが、7回の打席で代打で良かったんではないか?
 伊藤和を1イニングでも試しておくべき場面と思たがなぁ。
 こうして、中継ぎを作る事をしないで、安藤、福原。加藤って同じメンバーで投げさすから、終盤に息切れするんと違うか?
 今から、中継ぎ作る準備しときや。
 今日なんて、絶好の試合だったと違うんか?
 
 まぁ、それでも第一の命題を達成しただけでも価値ある試合だ。
 しかも、神・マートンが打たずしてかったのだから・・・・。
 これで、先に鳥谷に復調の兆しが出て、神の後を打つ、良太が上がって来たんで、打線としては穴がな行くなってきたなぁ。
 いいかんじだ。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。