CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 7−5 対東京ヤクルト ぶれないゴメスに、ぶれる和田 | main | 10−4 対中日 継投の判断ができんのか? >>
8−7 対東京ヤクルト 不運な岩田が、幸運な勝ち投手
 いつもは、援護が無く、好投しても最少失点で負け投手っていう展開が定番だった岩田。
 そんなんでシーズンが終わる頃には、借金、負け越しの投手成績となっていた。
 その要因であった立ち上がりの悪さ、初回のコントロールが不安定で、四球から失点というパターンが続き、そこを意識している間にピッチングそのものを崩してしまった昨シーズン。
 能見と並んで、左の柱と期待され位置づけから、一気に奈落へたたき落とされた。

 その岩田が、復活を期した、今シーズンの初登板。
 ここで岩田が復活すれば大きな戦力なんだが、その不運も復活しては元も子もない。
 ある意味、負け越しても防御率の優秀さを誇っていたスタンリッジのようなふてぶてしさがあれば、もっと変わっていたのかもしれない。
 その岩田が、5回まで4失点。
 最後はバレンティンに1発を喰らい、その裏に代打に坂を送られる。
 しかし、その坂が四球を選んで出塁すると、塁が埋まって満塁でゴメスの一打。これが逆転となって、岩田に勝ちの権利が出た。
 試合は、最後まで混戦となったが、この時のリードを保ち続けて、試合終了。
 岩田が幸運な勝ち投手になってしまった。

 岩田の野球人生で、幸運、不運のバランスをとろうとしているのなら、これから幸運の方に針が振れてくるのかも・・・・。
 もう一度、試してみたいね。岩田の先発。

 和田の監督なんて、いっくら采配が失敗しても、選手の力で勝つという幸運だけで、3年も指揮をとっているのだから、岩田がもう一度先発のチャンスをもらってもバチは当たらんと思うぞ。

 和田は、1点差に迫られた8回の裏。
 上本が出ると、すかさず大和に、オートマティク・バントのサイン。
 ここなんだよなぁ。
 スワローズの山本哲は、先頭の上本に、1球もストライクが入らず、ストレートの四球。
 そのストライクが取れんで汲々としているPに、次の大和が初球バントで、1死を与える。
 これで、山本哲は落ち着きを取り戻し、結果無得点となる。
 8回で1点差だから、送りバントは当たり前。その送りバントも成功したところで、和田は満足至極なのだろうけど、どうなん?
 もう少し、山本哲を揺さぶることができるんじゃないの?
 それでこそ、上本、大和のウエヤマコンビの価値があるんと違うか。

 和田は大体こういう傾向に有るんだよなぁ。
 送りバントの指示さえしてれば、それが采配だと思ってる。
 今日だって、上本を得点圏に送ったんだから、点にならなかったのか、鳥谷以下のクリーナップが打てなかったからで、自分のせいじゃない。自分は出来る限りをしている、後は選手の力量のせいだってね。
 それ以上の発想は無いから、反省も無い。
 だから、明日以降もこのパターンは繰り返される。
 ゴメスとマートンが神懸かった活躍で、これを補っているが、それがいつまで続くのか。
 和田の采配で勝つ事はない、勝つ時は選手の力で、負ける時は和田が変に動いた時というパターンは繰り返される。

 阪神、どうでしょう?
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。