CALENDAR
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!
+RECOMMEND
+RECOMMEND
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
球春近づく音がする
 いよいよ、オープン戦も開幕。
 タイガースの初戦は、なにかと話題の多いオリックス・バファローズ。
 まずは、3-1と白星スタート!(勝つに越したこと事ないやね。)

 鳥谷、久保田はWBCメンバーとの練習試合の相手として、12球団選抜に参加。
 久保田は、早速WBCメンバーを6球で締めて見せた。なんか、選ばれなかったウサを晴らすような格好になったね。

 この試合、イチローの全日本を引っ張る気持ちが前面に出ていて、驚くと同時に、イチローの価値観が伝わってくる気がした。
 このイチローと1,2番コンビを組んだ西岡の更なる飛躍を呼びそうだ。
 出来れば、このコンビに赤星が名を連ねてくれていたら・・・・・、と思ったのは、寅吉だけだろうか。

 翻って阪神タイガース。
 2軍はキャンプを打ち上げ、喜田が鳴尾浜行きとなる。
 岡田監督の「チャンスはあったやろ。打つ打たんじゃなくて4打席の中で5球も、6球もボールを打ってたら1軍では使えんで。コースに決まったらそうは打てない。甘い球をいかに打つか、やからな」という談話に、強いチームの見方というのが現れている。
 喜田も、“2軍の帝王”で終わってしまうのか、ここから再び這い上がるか、桜井と共に「掴むか、掴み損なうか」の瀬戸際に追い込まれることになる。

 一方、鳥谷の留守のうちに、評価を高めた、前田大和の抜擢
 その柔らかい守備に、高校生の域を越え、将来の明るい希望を抱かせる。
 案外、こういうところから新しい芽が吹いたりする。
 打撃を買われるか、守備を買われるかの違いがあれど、掛布だってそんな感じだった。赤星だって、売りものの足に賭けて、今の位置に上り詰めた。
 前田大和が、その非凡な守備力を基に、東京ヤクルトの宮本のような選手に成長することを願わずには、いられない。

 だが、前田大和が成長すると、生涯遊撃手を誓う、鳥谷とポジションを争わなければならないようになる。
 やっぱり、鳥谷は、真弓2世としてコンバートがありえるのか?などといらぬ心配さえしてしまう。(取らぬ狸の皮算用ってね。)
 こうして切磋琢磨することが、お互いのレベルアップに繋がる、そんな良好なる関係がいいぞ!

 春が近づくと共に、開幕も近づく。
 球春が近いと言うことは、競争もピークに近づく。
 いよいよ、振るいにかけられ、脱落するものも出てくる。
 本当の球春を迎えられる選手になるために、まだまだがんばれ!

 ぐぁんばれ!タイガース
| 房 寅吉 | 阪神タイガース | 19:27 | - | trackbacks(1) |

この記事のトラックバックURL
http://happyhills.tblog.jp/trackback/75049
トラックバック
関本大暴れでオープン戦開幕!
シーズンオフの間は虎記事を書かないという方針(?)もあり、ひっさびさの虎記事となりました。去年の日本シリーズが終わったときは、来シーズンまで長いなーって思ってたけど、いざオープン戦が始まってみると意外と早かったような気もする。何はともあれ、今日から2
| まどかだでぃ | 2006/02/26 12:23 AM |