CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 2―2 対広島 形にこだわる? | main | 5―2 対横浜 世界タイ記録を祝おう! >>
5―2 対横浜 犠牲フライ欠乏スパム発生?
 はじめに、このところ増殖を続けるコメント・スパムを削除していたら、勢い余って貴重な正規のコメントまで少し削除してしまいました。
 せっかく、コメントを寄せていただいた方、誠に申し訳ございません。(しかし、このコメント・スパムには、腹が立つ。)

 さて、今日の試合の方だが、井川がいいピッチングをしていたが、相手は2段モーション禁止の三浦だ。しかし、フォームが変わっても苦手のままだねぇ。(読売には、結構ボカスカ打たれてるのにねぇ・・・・)

 展開は、昨日の逆になった。
 今シーズンも(こそ?)軸にと考えてる井川に勝ちをつけたい岡田監督が、7回に集中打を浴び、逆転を許した井川を8回まで続投させる。
 対して、7回で逆転に成功した横浜は、8回から川村、クルーンと続く、昨年の勝ちパターンへの展開を図った。この展開が、今シーズンも通用するかの不安を抱えながらだが・・・・。

 あにはからんや、川村がタイガース打線に捕まり、再逆転を許すことになる。
 タイガースとしては、攻め立てながらも、金本の1発だけに抑えられ、ズルズルと来た、苦手三浦が代わり、比較的苦手意識が薄い川村がきたことで、「よっし!再逆転したろうか!」的な気分になれたろう。

 しかし、こんな展開を呼んだのが、昨年も言い続けた、タイガースの「寸止め症候群」。止めを刺せる寸前まで行くのだが、そこで手を止めてしまう人の良さ。(別の言い方で、野球が下手ともいう。)
 外野フライひとつで今日の試合は、別の展開となったはずだ。
 綺麗なヒットや一発で決めようとせず、まず外野フライで1点をめざすべきだろう。
 今日の井川なら、それで十分完投の望める展開になったはずだ。
 
 勝ったからこそいう。
 明日の百より、今日の五十。千里の道も一歩から。
 
 ぐぁんばれ!タイガース 
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | - | trackbacks(1) |

http://happyhills.tblog.jp/trackback/81533

マジックがなかなか減らない昨今。タイガースネタ用のカテゴリを立ち上げる べきか。ま、おいおい考えよう。 先週の土曜日、久保田がサヨナラ四球を古田スワローズにプレゼントした日 から振り返ってみたい。 4/1 1 2 3 4 5 6 7 8 9 計 T   1 0 0 0 2 0 0 0 0 
あいつとおいらはジョージとレニー | 2006/04/08 12:56 AM




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。