CALENDAR
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+RECOMMEND
+RECOMMEND
売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!
+RECOMMEND
+RECOMMEND
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
やせ馬の先走り?


 またもデイリースポーツのプレゼントに当選。
 今回は、現東北楽天監督で、元阪神監督でもあった野村克也氏番記者・竹下陽二氏の著作“クソッタレイ”だ。
 まったく、妻の当選運には、恐れ入る。
 縁浅からぬ野村氏の本だ。ちょっと読んでみようと思う。ブログのネタも転がってるかもしれないし。
 何か新しい発見があったら、報告します。。


 さて、対戦も一巡したし、と言いたいとこだが、実際読売戦がまだ巡ってきていない。(なんか日程的に、問題ありじゃないのかなぁ。)
 その読売が好調な出だしを見せ、早くも貯金を二桁に乗せた。
 果たして、これが本物かどうか、対戦してないのでなんとも言えないが、監督が代わった事が、かなりのプラスに働いていることは確かだね。
 
 実際、前監督の堀内氏はへんなプライドだけで、選手からの人望がゼロに近いものがあったように見えた。
 それが取り払われたことだけで、どんだけプラスになったか。(なんか、そう見えてしかたないんですよ。)

 これを見るにつけ、野村監督から星野監督に代わった当時のタイガースに比べてしまう。
 野村氏の人望は、堀内氏よりは高かったろうが、不満分子(今岡とかね)も多かったのが事実だ。(寅吉は、嫌いじゃないんだけどねぇ・・・・・)
 あの、’02年星野タイガースの一年目は、いきなり7連勝して、瞬く間に貯金を二桁に乗せた。
 だが、瞬間風速は長く続かない。
 ワールドカップに伴う変則日程もあって、6月から失速、結局Bクラスに終わった。まぁ、俗に言う「やせ馬の先走り」ってやつだったかもしれない。
 でも、それがあっての翌年の金本らの補強があった。

 今の、読売が「やせ馬の先走りか」、適切な補強の結果として地力をつけた’03年型のタイガースのようなのか、今週末にははっきりするだろう。
 
 そういえば、原監督と星野氏の蜜月関係もあり、今季の監督候補の筆頭だった星野氏が、原監督にアドバイスしても不思議じゃないか。(まぁ、タイガースのSDの立場上ありえん話だけど・・・・)
 なんかそんな符号さえ感じる、読売の走りっぷりなんだ。

 今週は、中日・読売と5試合だ。
 いわば最初の山ってかんじだね。
 ぐぁんばれ!タイガース
| 房 寅吉 | - | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://happyhills.tblog.jp/trackback/83154
トラックバック