CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 5―3 対福岡ソフトバンク 一矢報いてみる | main | スモールベースボール >>
3―7 対福岡ソフトバンク ほんとに昨日が一矢だったとは、
 昨日勝った時点であわよくば、って思った自分が甘かった。
 このチーム、一度苦手・天敵に指名した相手を、易々と手放すような真似はしないってことわかってたんだけどねぇ・・・・・。(苦笑)

 江草の思い切りいいピッチングが功を奏して、かつ少ないチャンスを確実に物にするという打撃陣の奮起があってこそ、なんかレバタラに頼った今日の試合だった。

 今年の千葉ロッテも福岡ソフトバンクも去年ほどの強さを有してはいない。そういう意味では、リベンジには恰好の年なんだけど・・・。
 でも柱になるPがいるって言うのは、底力を現すんだよね。
 一昨日の斉藤、今日の杉内。
 確固たる柱の投手だ。その試合の勝ちを計算できるし、そのために最善の投球ができる。こういうPを持つチームは強い。(特に短期決戦では。)
 だけど、ホークスはプレーオフで2度も負けてるって?
 そりゃそうでしょ、西武も千葉ロッテも、同じ力量の柱のPがいる。柱と柱のぶつかりあいだったからね。

 かたやタイガースは、確固たる柱が見当たらない。(本来、井川がその役なんだけど・・・・・)
 しかしながら6人がしっかりローテを組める、つまり谷間がない粒揃いの投手陣といえる。しかも、中継ぎに確固たる柱が存在する。
 どちらかというと、長期のペナントレース向きの布陣だと言える。
 だから相手のPの谷間の時には、強さを発揮する。
 逆に、相手のエース級が出た時には、残念ながら分が悪い。ハッキリ言って、井川がかっての井川なら、タイガースは万全といっていいくらいなんだけど・・・・・。

 だから、この3連戦の分の悪さは覚悟の上。それにビジターだったし。
 千葉ロッテ、福岡ソフトバンクの6連戦は5分で上等と思ってた人も多かったと思うよ。
 それが、1試合の雨天中止はあれど、3勝2敗だから、まぁ、想定内ってことで無理やり納得しましょう。
 ホークスには、甲子園でキッチリお返しをするってことでね!

 あえて、ホークスの内角攻めの多さ、厳しさについての論議はしない。
 危険球と判定されなければ、ルールの範囲内だからね。
 タイガースも少し見習ったほうがいい部分もあるし・・・、お人好しじゃ生きていけないPも結構いるぞ。
 矢野ももう少し、インコースを見せるリードが必要かと思うよ。(浅井までリードが似てきてるし・・・・9

 まぁ、来週は甲子園で、北海道日本ハムとオリックスだけに、ここで確実に勝ち越しときたいね。
 あっ、新庄のファイターズが好調なんだっけ?ちょっと楽しみであったり、怖かったり・・・。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(0) |















http://happyhills.tblog.jp/trackback/87928




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。