CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 2―3 対千葉ロッテ 追って届かぬ1点は・・・・ | main | 2―0 対西武 ならば、こっちも松坂世代 >>
0―3 対西武 福原の不遇
 実際、松坂ほどの投手が絶好調なら、簡単には点はとれない。
 いまどき、1点取られた瞬間に負けを覚悟させるピッチャーがいりだろうか?

 今日の先発の福原も辛いところだ。
 こんな松坂と投げ合ったら、1球の失投も許されないと思いのほか緊張するもんだ。
 きっと「俺が勝ち越せないのは、こういうエース級と投げ合うからなんだ。」なんて妙に自分を納得させていたのかも知れない。
 でも、福原は、1点を取られた後に妙に粘って、試合を壊さない程度にがんばっていた。(実際、最初の1点でキレちゃうかと思ったもの。)
 

 チャンスらしいチャンスは5回。
 浜中、片岡の連打で、無死2,3塁の場面。今日の勝機があるとすれば、あのチャンスに同点に追いつくべきだった。
 しかも、できるだけボテボテの内野ゴロの連続で同点なんてシーンが一番効果的だ。(これやられると、Pはショックでかいよねぇ。)
 だが、それさえ許さぬ松坂の鬼気迫る投球。いきなりギアチェンジし後続を三者三振だ。恐れ入った。脱帽。

 福原は不運といえば不運だけど、しょうがないやね。
 これが自分のポジションと割り切るしかない。相手のエースと投げ合って、5回に2勝って、3回負ける。それでもしっかりローテ守って、シーズンを投げぬく、十分貢献してるって・・・・・・・。(なんて、こっちも無理やり納得してみる。)決して、自分の不遇を嘆いてはいけない。

 ただ、連敗はいただけないね。
 昨日も言ったけど、追って届かぬ1点は、その前になえがしろにしてた1点なんだ。もう少し、しつこく1点を取りにいく姿勢が見えてもいいぞ。
 (鳥谷が下降線。シーツもちょっと心配。浜中、上昇ムードってことで、若干得点能力が落ちてきたのが気がかり・・)

 さぁ、完敗は完敗だ。
 気分を入替え、新たな気持ちで明日へ向かおう!

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(1) |















http://happyhills.tblog.jp/trackback/90246

阪神対西武 1回戦 松坂、今シーズン初完封を献上。 打者30、ヒット3、三振14、四球1。 もう、入るわ入るわ、いいストライクが。 あんな球ばっかり投げられたら、打たれへん。。 もう松坂に完敗でしょ。 さすが、WBCのエース。 調子のいい松坂じゃ、、手も
つれづれなるままに〜Tigersなど〜 | 2006/05/27 12:25 PM




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。