CALENDER
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



<< 1−2 対横浜 天が下した判断は・・・・ | main | 4-2 対東京ヤクルト 井川の疑惑は継続中 >>
2-1 対横浜 魅せられて、藤川球児
 もう、点が入らないとか、貧打だとか、相手のミスでしか勝てないとか、みんな、みんな、どうでもよくなっちゃったよ。
 藤川のストレートが見られたら、みんなぶっ飛んじゃうよね。

 しかし、ストレートとわかっているのに、そのストレートで三振が取れる。そんなピッチャーは、めったに見られるもんじゃない。
 かくいうプロ野球ファン暦40数年の寅吉だって、かっての江夏と高校時代の江川くらいしか知らんもんなぁ。
 強いてあげれば、あと山口高志かね。
 あとは、野茂にしたって、大魔神・佐々木にしたって、三振とるのはフォークだったし、津田もストレート主体でもフォークを決め球にしてたしね。

 江夏がシーズン401奪三振の記録を作ったときはすごかった。
 決め球は、右バッターの内角にクロスファイヤー気味に投げ込むストレートだった。これが、だれも打てない。三振の山を築いていった。
 オールスターの9連続の時は、テクニックが加わっていたからね。実質、2年目のこの時の江夏のストレートが最高だった。

 江川は、プロ入りしてからはストレートの凄みは失われつうあった。大学時代を通じて、楽して投げる手抜きを覚えたからね。
 彼のすごかったのは、高校時代だ。
 いまだあんな投手を見たことがない。
 柳川高校が全員バスターの構えで挑んだことも記憶に残っている。そうでもしないとバットに当たる気がしなかったのだろう。(西武の細川のようやね。)

 あとは山口高志だが、文字通り太く短く現役を終えた速球王だった。
 さして大きな体でない(身長は170cmwo切ってたらしい。)のに、思い切り全身を使う、というより左腕の引きがすごかったのを覚えている。
 日本シリーズの快投は忘れられない。

 藤川球児は、彼ら先人達の域に達してきてると思える。
 実際、藤川のストレートが見られれば、入場料は安いもんだろうとかんじる。今日なんか、仕事でTVの最後しか見られなかったが、最後に藤川のピッチングが見られ幸せだった。

 もっとも最後に藤川が投げるってことは、タイガースが勝ってるってことだから、タイガースファンにとっては、喜びが倍増ってことなんだ。
 特に今日のピッチングは圧巻だった。
 これだけで、貧打も拙攻も、中日の存在さえも忘れさせてくれた。
 藤川球児に乾杯!

 今日は、細かいことは忘れ、ひたすら藤川球児のストレートに酔うことにした。
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | trackbacks(2) |















http://happyhills.tblog.jp/trackback/97341

 今日も岡田監督の苦悩がうかがえるオーダーとなったタイガース。 今日は下柳が先発、ベイスターズの三浦とベテラン対決となった。  二回、ベイスターズは下位打線だが、内川のヒット、盗塁で好機を 演出、相川のタイムリーで1点を先制する。  それに対し、四回
虎のおしゃべり堂 | 2006/07/06 11:38 PM

ここのところ1点差ゲームが多いですね。この3連戦、ほとんど同じようなゲーム運びです。しかし序盤に点を入れられるものの、その後はきっちりと抑えます。そんな我慢のピッチングをしている投手陣にあっぱれをあげたいです。打線の方は相変わらずチャンスをものにでき
パイプの部屋 | 2006/07/07 12:06 AM




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。