CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 3-4 対東京ヤクルト デッドライン | main | 2−1 対広島 薄氷を踏み、万全を期す >>
求む!救世主
 貧打、貧打と嘆いてどれくらいや?
 ここまでくると、もう貧打を覚悟しての戦い方を考えるしかないか?

 しかし、ここまで打てない(チャンスに1本がでない。)のはどうゆうことなんだろう。
 いまさらながら今岡の穴の大きさを感じる。
 金本の4番、その前後の繋がりを蝶番のように結び付けてる存在だった。
 今岡が5番で打点を挙げてこそ、シーツは3番に収まり、赤星はトップを打ち、鳥谷・矢野の下位打線が機能してくる。
 今岡が抜けてから、打線がグラグラと頼りないものになってしまった。

 金本の後の5番を打たす人材がいない。
 浜中・シェーン、片岡ととっかえひっかえし、挙句シーツを3番から5番に据え変えたりした。
 本来、浜中の成長が見られれば、ここにはまるはずが、シーズンを通しての経験がないのが痛い。
 今はレギュラーを掴むためのプレッシャーに汲々としている。

 やはり、救世主たるは“誠の救世主”本人の復活しかないんだろうか?

 Pも久保田がいない穴は大きい。
 久保田の穴を藤川に埋めさせ、その藤川の穴を安藤・江草で埋める。
 こうして先発に2席の空きを作っちまった。
 それをダーウィンが狙い、先日中村泰が昇格した。
 どちらかが、救世主になりえるんだろうか?

 前半の正念場が明日からの9連戦。
 泣き言はいえない。

 ぐぁんばれ!タイガース
 
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(1) | trackbacks(0) |


今岡が怪我をしなくても、去年の今岡の穴はうまらなかったとおもいます。去年の働きは大げさに言えば、一生(プロ人生)に一度くらいの活躍でしたから、下さんも同様なことがいえます。

ほしの | 2006/07/11 6:11 AM














http://happyhills.tblog.jp/trackback/97979




バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。