CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 3−1 対中日 最悪状態のオレ竜にやっと1勝 | main | 0−3 対東京ヤクルト いつまでたっても差は縮まらない >>
6−0 対東京ヤクルト 先の塁へ!
 今日の試合は、好走塁が目立った。
 鳥谷やマートンの隙あらば次の塁へという姿勢が、チーム全体を前のめりの姿勢に変える。
 チーム全体で勝利に向けって行く姿が見えた。
 何故、こういう雰囲気がドラゴンズ戦にはでないのか、不思議な事やねぇ。

 好投のメッセンジャーも6回までで見切った。
 100球限界のPだけに珍しくも良い判断をした。いつもなら、打たれて同点なるまで踏ん切りが付かず、同じ過ちを繰り返しているっところだ。ほんの小さな一歩だけれども、ベンチワークに進歩が見られた。(遅過ぎやちゅてんのに・・・・・)
 これも榎田がしっかり調子を戻したからで来た事だろう。あのまま、勝っても負けても榎田で酷使していれば、今日の試合はできなかった。これで、役割分担の大切さを少しでも解ってくれるといいのだけどなぁ。

 幸いその後の追加点で、半信半疑のコバヒロ登板時点で5点差があてので、この実験的登板も安心して見られた。
 しかしながら、コバヒロを信頼するには、まだ少し時間がかかりそうな事がわかった。
 コバヒロをカッている藤井がキャッチャーをする中で、復調気配を見せてはいたが、現実はまだまだ、復調にはほど遠い。
 低めのストレートのキレと自信が戻らんと、8回を全幅の信頼を置いて、投げさせる事は出来ないだろう。
 もうちょっと、様子見が続くかね・・・・。
 
 じゃ、8回を誰に任せるか、それが問題となるね。
 寅吉のおすすめは、渡辺。
 150キロ近いストレートとキレのある変化球が持ち味だけに、調子を考慮してやる必要はあるが、勝ち試合の7、8回を榎田と相手の打順を考えながら、順番を決めればいいと思う。
 その間に、久保田とコバヒロの復調を願うしかないわな。
 本当は、下から力を付けた若手が出てくるといいのだけど・・・・・。玉置が故障したのが痛いわなぁ。
 横山はどうしているんやろ?
 去年1軍を経験し、いいものを持ている気がするんだけどなぁ。

 取りあえず、燕に先勝して、今週の中日・ヤクルトの5戦を2勝2敗の五分にした。
 明日勝って、なんとしても勝ち越しておきたい。
 
 ぐぁんばれ!タイガース

 PS 今日の球審は、ひどかったねぇ。マートンが怒るのも無理ないわ。
   こういう審判は、下手なんだから2軍とかに行かせられないのかね。
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。