CALENDER
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



<< 0−2 対読売 選手の無言の続投Noのサインかも | main | 6−1 対東京ヤクルト メッセ、完封を逃す >>
2−1 対東京ヤクルト 冷や汗の出る勝ち方
 最後はヒヤヒヤやったろう。
 8回に好投久保に代打を出して球児に繫いだベンチが、不安に溢れた顔をしていたもの。
 3安打無失点で球数100ちょい、故障上がりでなければ、間違いなく完封狙いやろ。
 Gとの一戦で、サヨナラHRを喰らった球児の、早期の自信回復の祈りを込めた継投だったかも知れん。

 ただ、このベンチが余計な事考えて動くと、ろくな結果が出ないだよね。
 いきなり、サードゴロを新井がエラーした瞬間に、ゲリラ豪雨を思わせるような暗雲が立ちこめた。
 救いは、1点差になったあと、1死満塁でのバッターがバレンティンであったこと。
 こういう場面で、外人選手は打ち気にはやるためボールを振る。ボールを選んで粘る気なんてさらさらない。
 外野フライでよいとも思っていない。思いは自分が決める事。
 
 ここで打順が、日本人で、小技が使えるような選手だったら・・・・・・、打席がもっかHR王のバレんレィンでなければ、代打という手もあったかもしれない。
 バレンティンであったため、そのまま打席に送らざる得なかった。
 そして、それは押し出しで1点を失う等、コントロールに苦しむ球児に取っては、大きな救いとなった。
 このバレンティンの三振で、実質勝負有りだったのだろう。

 今日の疑問。
 7回のセッキーの決勝打。2人の走者を返して、自らもバレンティンの拙い守備に助けられサードまで進んだセッキーへの代走。
 2死、3塁だから、ランナーのセッキーの足を考える必要がない場面。
 この回を終わっても、試合がもつれた場合、セッキーの打力を必要とされる事がないとは限らない。
 こういうところで、柴田を代走に使う無駄遣い。
 肝心なところで選手がいなくなるって、まだ懲りてはいなかったのか?
 
 新井には、守備固めが必要かもしれん。 
 あのサードの守備は危なっかしくて見ていられない。 
 本当は、サードにセッキーを入れて守備固めをしたいのだけど、そんな考えはないやろなぁ。
 きっと、明日からもヒヤヒヤさせ続けられるのやろ・・・・。

 さて、おそ過ぎかもしれないが、首位ヤクルトとの直接対戦に先勝。
 いつも、終盤でヤクルトか横浜に食われて、引導を渡されてきたここ数年。
 その恨みを晴らす訳じゃないけど、出来る限り苦しめてやりたいよね。
 それには、明日もう一つ行っとかないとね。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | 本日の結果論 | comments(0) | - |















バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。