CALENDER
<< July 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Google



6―3 対横浜 安藤の安は、安心の安?
 久々に、完投って言うのを見られるかと思った。

 警戒するあまり、追い込んでいながらカウントを悪くしてしまう、2―3のフルハウス・ピッチングが多かった安藤が、フォーム改造を試みてから、初先発。

 このフォーム改造が功を奏した。
 2段モーションによるタメをつくるため、余計な慎重さが頭をもたげる。
 2段モーションを止めたことにより、この余計な時間がなくなった。
 
 立ち上がりこそ、もたついたが終始2点以上の点差を与えるとうバックの援護もあり、1発の恐怖を振り払うテンポのいいピッチングを披露した。

 安藤の安は安心の安。
 そう思ってみてました。9回までは・・・・・・。

 9回、完投を意識かテンポのいいピッチングが「投げ急ぎ」のピッチングに変わる。
 代打古木にHRを打たれ、ランナーがリセットされたのでかえって良かったかと思われたのだが・・・・・・。

 安藤の安は、不安の安・・・・。
 変わちゃたんだよねぇ。
 以前の安藤に戻っていた。

 でも、ここまで来れば球児もジェフも必要ない。
 いきなり、ハルク久保田へ繋いだ。多分先発からダイレクトに繋ぐのは今シーズン初だと思う。
 得点圏にランナーを置いた時のハルクは、覚醒モード。
 すんなり(今シーズン初?)抑えて、ゲームセット。
 また、勝ち越しを決める。特に、初戦をやな感じで落とした後の勝ち越しだけに意義が深い。中継ぎ陣を休ませたことでも安藤の功績は大だ。

 選手会長、ドツボモードだ。
 最近はやりの「軽く、ヤバイ!」どこじゃなく「かなり、ヤバイ!」
 アニキと並ぶ得点源だけに、早期の復活が望まれる。

 フジモンは8番バッターとしての地位を築きつつある。
 2番復帰には、まだまだ課題が多いが・・・・・。
 8番をしっかり固めるか、2番復帰を目指すかは、頭の中次第。
 赤松が上がってくる前に、いずれの道を進むかハッキリしておかなくちゃいけない。がんばれ!

 来週は、ヤクルト・中日と6連戦。
 ここを勝ち越せれば、オールスターをいい形で迎えられる。
 夏のロードに向けて、貯金は多いにこしたことがない。

 ぐぁんばれ!タイガース

 
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(4) |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。