CALENDER
<< June 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



6―8 対読売 捨てゲームを模索せよ!
 今日は、ある意味捨てゲーム。
 ブラウンの先発が決まった時、それは何故か勝ち運に恵まれている彼の悪運にしか期待するすべがないと思った。

 もとよりコントロール型のPで、一発屋の集合体である読売に完投など望めるはずもなく、継投策は決定事項。
 阪神のベンチはどういう継投策を計画したのだろうか・・・・。

 本来、ブラウン(できれば5回)−勝っていれば江草、負けてる場合桟原。と繋いで橋本、今日登録になった筒井くらいを考えていれば合格。
 展開によりリードした場合、最後に久保田。

 ブラウンからリードされた場面で江草を投入。
 運良く、トリーがひっくり返す。ここから、勝利の方程式へ方向転換?
 
 1イニング速かった江草がワイルドピッチで同点とされる。
 ここで継投を桟原へ切替、半分捨てゲームに足をかけておけばよかった?
 
 あらゆる要素において、ここで追いつかれたワイルドピッチは痛い。
 9回マウンドに上がったジェフは、乾いたグランドの反発による不運な当たりが続き(これを狙ってやってるとしたら、読売もたいしたものなのだが・・・)2死い、2塁のピンチを招いた。
 まぁ、ローズ相手だからとたかを括っていたら、2―3のカウントに。
 次の小久保を考えると、満塁にはしたくない。
 最後の球は、ストライクゾーンのローズの大好物と化していた。

 ジェフが打たれる時は、こういう制約がある場面。
 際どい球をストライクに取ってもらえず、ランナーを出しストライクゾーン勝負になった時。逆に、カウントに余裕を持てる勝負にはめっぽう強い。
 まぁ、ジェフの場合、年に1回はこういうときがある。

 ただ、江草で同点にされたにも関わらず、勝ちゲームの継投を行って負けたことのほうが、ダメージとして大きい。
 ちょっとしたリードで、今日勝って、明日のゲームを捨て試合(つまり、球児のお休み試合)にするという、色気を出したためだと思う。

 これで、明日は多分杉山だと思うが、完投に近い好投を必要とされる。
 使えるのは、ハシケン、久保田の2人。
 充分杉山はその力をつけてきたが、しんどい状況に変わりない。

 トリーは覚醒した。お杉の覚醒を見たいものだ。明日の右のエースとして。

 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(3) |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。