CALENDER
<< June 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

Google



14―4 対広島 エース対決が力をつける。
 交流戦から、各球団のエースをぶつけられることが増えた。
 
 松坂岩隈渡辺俊 清水 和田 杉内 JP 交流戦が終わって、川上、上原そして今日、黒田。

 裏を返せば、タイガースがそれだけ認められたと言うことだ。
 西武に敢えて裏ローテをぶつけられた読売とは対照的でもある。

 その中、苦しい戦いを強いられながらも勝ち抜いてきたタイガースは、確実に力がワンランク上がっている。
 それは、きょうの対黒田で立証されたといってよい。

 相手のエースとの対決。
 そう点は取れない。
 この意識は自軍のPに、よい緊張感を与える。(ここをプレシャーにつぶされるのでなく、良い緊張感に変えられるところが力がついた証拠ですよ。)
 バッターも、より自分のすべき仕事に対する認識が強くなる。
 こうして接戦をものにし、力をつける。

 黒田に対し、先制を許すとアニキが一発。
 4番として、できるだけ早くに追いつくという作業を一人で成し遂げる。

 そして、ヒーやんの一撃。
 この状況に、ピッチャー返しを心がけた故の事故を生む。
 そらの上から、昨日亡くなった、背番号24の大先輩が、背中を押したんじゃないだろうか?
 この打球を受けた黒田は5回で降板を余儀なくされる。

 黒田が降りた後は、一方的な戦いになった。
 イガーは、6回までを織り込み済み。(以前書いたように、寅吉は今シーズンのイガーは6回くらいまでしかもたないと判断している。)

 藤川の投入は、もったいなかった。(笑)
 まぁ、あの状況ではしょうがないけどね。
 それより、江草がもったいない。8回から桟でよかったんじゃないだろうか?
 
 桟は大分良くなってきてますね。
 今後、もっと重要な場面(僅差負け)で使うことができそう。なんとか、ハシケンの負担を軽減して欲しい。

 そうそう、広島の仁部っていうP。
 なかなかですよね。
 吉野君はよく見て欲しい。いかに、左のサイドは威力があり、バッターが嫌がるか。
 仁部には、タムじいの匂いがした。
 吉野君にも同じ匂いをかぎたいぞ〜!

 さぁ、2連戦は確実にいただいておきたい。
 ぐぁんばれ!タイガース
書いた人 房 寅吉 | - | - | trackbacks(2) |

バナー






売れるネットショップ実践指南
売れるネットショップ実践指南

ネットショップのノウハウを知ろう!




70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本
70歳をすぎた親が元気なうちに読んでおく本

すべて実体験からのノウハウが漫画で解り易すくよめます。40代以上必読の書ですよ。